イメージ画像

クレジットカード現金化の
実際の話

クレジットカードの現金化と必要となるものの用意

クレジットカードの現金化は誰でも行いやすいものです。
 クレジットカード現金化とは、クレジットカード換金とも言われます。
必要な場面では、利用を考えている人は多いでしょう。
その場合には、本当にクレジットカードだけですむのか、ほかに必要なものはないのか考えておきましょう。
誰かに聞いてみるのもちょっとと思う人は、先に調べておけば安心できるはずです。

まず、自分が使うことができるクレジットカードがなければ始まりません。
どんなところでもいいというわけではなく、あまりにマイナーなクレジットカードは対応できないこともあります。
有名なところにしておけば、まずは問題がないでしょう。
還元率にもかかわってくる問題ですので、有名なところにしておくことがメリットもあるのです。

次に本人確認書類です。
クレジットカードの現金化を行っている業者では、本当に本人が使えるクレジットカードなのかどうかを確認する必要があります。
一般的にはサインで済ませたりしますが、インターネット上ではそうはいきません。
そこで、本人確認書類が必要になるのです。
運転免許証やパスポートがあれば確実です。
ですが、誰でも持っているわけではありませんので、保険証でも代用できる場合もあります。
顔写真付き本人確認書類のみとなっている業者の場合には、こうした保険証ではだめでしょう。

絶対になければ話にならないのが、お金を受け取るための銀行口座です。
現金を振り込んでもらうために、こう座がなければ話にはなりません。
基本としては、振り込みということはどんな口座でもできるでしょう。
しかし、振込手数料が発生することになるため、指定銀行の口座にしていることが多いのです。
事前に調べておけば、間違いありませんが、大手都市銀行であれば確実でしょう。
確実性を上げるためにも数行の口座を用意しておくと確実です。

中でも便利なのは、ネットバンクでしょう。
24時間使うことができ、即日対応のところでは、これが必須になってきています。
振込の確認もインターネットでできますので、用意しておくといいでしょう。

このページの先頭へ